サンプル請求
施工事例館
ブログ館
社長ブログ
すみちゃんブログ
フェイスブックツイッター
メンテナンス
無垢フローリングとは | 無垢フローリングの特徴 | フローリングの塗装・仕上げ | ウレタンフローリングのお手入れ | オスモフローリングのお手入れ | ウッドケアフローリングのお手入れ
e-建材 Shop
News

メンテナンス

無垢フローリングとは
無垢の木材で作られたフローリング(床材)言い、
無垢(むく)とは、
混ざり気のないという意味。
フローリングの場合は一本の木から取れるつなぎ目のない材木を無垢材
という意味で、一本の木から取れるつなぎ目のない材木を無垢材という。
天然の物にほとんど加工を加えない製品であるため、
自然素材である。

集成・積層などといった
木を継ぎ足す加工を施していない木そのものを指すのかもしれないが、
実際にはほとんど継ぎ足しのない、
または大きなパーツを組み合わせた
木材加工品も無垢と呼ばれている。

合板フローリングには出せない
「本物感」
「風格」
があるため、
少しでも家にこだわる気
のあるユーザーには非常にニーズがあるが、
自然素材であるため、
ユーザー側にも心構えが必要である。
たとえば、隙間が空いたり、反ったり、膨れたり
するのはある程度許容する必要があり、
水をこぼしたらすぐに拭いたりと、
メンテナンスにも気を遣う必要がある。

PDFダウンロード
▲TOP
無垢フローリングの特徴
無垢フローリングは、
天然の木材を素材のまま板状に加工して、
床材として利用します。

ウレタンとか、オイルで仕上げた製品もありますが、
自然の木材そのまま
でも利用可能で、自然のまま使えば、
人工的な有害物質を含まないので
人に優しい素材となりますし、
オイルなど自然素材の製品を使えば、エコロジーにもつながります。

無垢フローリングは
素材の特徴が、そのまま床の特徴となります。

杉や桧の針葉樹は歩いた感触が柔らかくなり、
チークなどの紅葉樹は強く固いので傷に強くなるなど、
木材本来の特徴を生かし、選択をすことができるのです。

床の表面が剥がれたりする
ことがないので、
合板のフローリングより長持ちし、
傷などは付きやすい(合板のように表面処理をしていない)傾向がありますが、
長く使えるのです。

また、表面が多少磨り減っても、
材料に厚みがあるためにさほど気になりません。
自然なバラツキがあるところも、
好みによっては長所となり、
自然素材特有のバラツキがあるので、
まったく同じものがない、
飽きの来ないデザインとなるのです。

無垢フローリングは、
表面の仕上がりによっても、
好みの性能や感触に仕上げることが出来ます。
傷を減らしたい場合は耐久性のある塗装、
感触を楽しみたいならオイル仕上など、
同じ素材をバリエーションで楽しむことが出来るのです。

柔らかめの木を選べば、
上を歩いた感触も柔らかく、
足の負担を軽減でき、
同時に温かみも感じるので、
床の冷たさも緩和してくれるのです。

無垢フローリングは、
変形が生じやすいところが最大の弱点で、
温度や湿度によって変形しやすいので、
床鳴りや段差や隙間が生じることがあります。
特に床暖房などを行うと変形が目立つので、材料を選ぶ際には細心の注意が必要となるのです。



無垢材フローリングは「暖かい」。
合板フローリングと比較しても
暖かいと思います。

暖かさは表現しづらいと思いますが、
基材の空気量(基材の比重)と比例いたします。
すぎ 0.38 チーク 0.60 ナラ 0.68 クルミ 0.53
コンクリート 2.3 アルミニュム 2.7 ガラス 2.5
これが、無垢フローリングの
暖かさを証明出来るでしょうか?

暖かさより、
「心地よさ」
っていう表現方法がピッタリかもしれません。

無垢フローリングは、
比重が低い分、基材に空気層があり、空気を含んでいるので、
断熱性、
保温性が高く適度に
柔らかく、木材の臭いが、
その
「心地よさ」
で人をリラックスさせてくれるのです。

PDFダウンロード
▲TOP
フローリングの塗装・仕上げ
フローリングの塗装

大きく分けて、
オイル仕上げと
ウレタン仕上げ。

オイル仕上げ
メーカーとしては
オスモ・ウッドケア・プラネット・リボス等
EUからの商品が多く流通し、自然塗料としては、
クルミ油・アマニ油・チーク油・柿渋・蜜蝋とかがあります。

長所としては、
艶が少なく材料の質感が保たれます。

短所としては、
年数が経てば傷が付いたり、汚れます。
メンテナンスを何年か毎にしなくてはならなです。

ウレタン仕上げ
ほとんどがUVコーティングで、
UVコーティングは、
紫外線照射によって反応硬化する塗料を使用し、
UVランプの紫外線照射により、塗料を数秒で硬化させる焼付け塗装である。

UVコーティングの長所
1、 見た目に美しく、鏡のような高級感ある光沢、厚みがあり均一な塗膜ができる。
2、 「傷が隠れた」「傷が付きにくくなった」等の効果があり、耐摩耗性・耐薬品性(溶剤にも)で、他の塗料より優れている。
3、 弊社では文教施設用として表面強度を上げたフローリングも用意しています。
4、 塗膜表面に凹凸が少ないので、汚れをふき取りやすく衛生的。
5、 塗膜を硬くできるので、高い耐磨耗性がある仕上げにできる。
6、 硬化する時間が数秒なので、塗装後すぐに製品を出荷することができる。
7、 火を使わない焼付塗装なので、二酸化炭素が発生しない。
8、 熱ではなく光を使用するので安全性が高い。

UNコーティングの短所
1、 工場の塗装設備が長くなる。
2、 液剤と設備維持にコストがかかる。

弊社では、
オイル仕上げ
ウレタン仕上げ等、
色々なフローリングをお客さんが選べれる用に取り揃えています。

PDFダウンロード
▲TOP
ウレタンフローリングのお手入れ
ウレタン仕上げ、フローリングのお手入れ

1、日頃のお手入れ
1、フローリングは水気に弱いため
乾いたモップ(または乾いた雑巾)
で乾拭きをして下さい。
ウレタン塗装の場合、
化学モップをご使用いただけますが、
直接フローリングの上に放置しておくと
変色する可能性がありますので、ご注意下さい。

2、乾拭きをしても落ちない汚れは、
雑巾を濡らし固く絞って乾拭きその後、
乾いた布で乾拭きをして下さい。

3、頑固な汚れは、
雑巾にベンジンをつけ手早く拭き、
汚れが落ちたら乾いた柔らかい布でから拭きをしてください。

油性やアンモニィア系、研摩系のクリーナーは使わないで下さい。

2、ご使用にあたって
1、キャスターの直接使用は避けて下さい。
椅子等ご使用の場合は、
傷を防ぐためマット
を敷いていただきご使用下さい。

2、日光にあたる時間が多いところは、
自然素材なので、
日焼けは致します。

特に色が濃い商品には多く出てきます。

日焼けにより色ムラや割れを避けるため、
カーテンやブラインドで
直射日光を避けるようにして下さい。


3、電気カーペット、ストーブの使用は避けて下さい。
同じ場所で長時間ご使用になられますと、
熱がたまり高温になり
反りや縮みの原因になります。

4、本棚やピアノの重量家具の脚には、
力を分散させるよう
パッドを敷いてご使用下さい。

5、カーペットを敷く場合は、
通気性の良い素材をお選び下さい。
厚手で裏面に
ビニールコーティング
をしていないものをご使用下さい。

3、水などをこぼした場合
1、商品の表面仕上げは
ウレタン塗装で表面保護をしていますが、
長時間水に濡れた場合は目地から入って
フローリングが水分を吸い、
変形・シミの原因
となりますので、
水分は速やかに拭き取ってください。

2、浴室、洗面、キッチン等
の水が頻繁にかかる場所は、
マットを敷いて水濡れにご注意下さい。
また、濡れたマットはそのまま放置しないようにお願いします。

4、キズ、補修
1、傷等が付いて補修する場合は、
表面のゴミを取り除き、
ホームセンターなどで市販されている、
フロアークレヨン(補修用)にて、
色合いを合わせていただき仕様書に沿って補修をして下さい。



5、表面のワックスがけについて
1、水濡れにより
塗膜が剥がれてしまう可能性
がありますので
お勧め致しておりません。

6、床暖仕様のフローリングについて
1、表面温度は
27℃以下に設定
してご使用下さい。
尚、同じ場所で長時間接すると、
低温ヤケド
になる可能性がありますので、ご注意下さい。

2、絨毯を敷かれる場合は、
通気性の良い素材にし、
裏面にビニール等で
コーティングされているタイプですと、
フローリングと絨毯の間で湿気が溜まり、
反りや縮みの原因
になります。
注意)弊社商品の床暖房対応は、保障を約束するものではありません。


PDFダウンロード
▲TOP
オスモ フローリングのお手入れ
オスモ仕上げ、フローリングのお手入れ

1、日頃のお手入れ
1、フローリングは
水気に弱いため
乾いたモップ(または乾いた雑巾)で
乾拭きをして下さい。

2、乾拭きをしても落ちない汚れは、
雑巾を濡らし固く絞って乾拭きその後、
乾いた布で乾拭きをして下さい。

3、オスモは自然の植物油からつくられた
無公害塗料で、
浸透性があり木の呼吸を妨げません。
この特徴を活かすためにも、
オスモに含まれていない
化学成分を上塗りすることは
お勧めできませんので
市販のワックス類は絶対に使用しないでください。

オスモ専用のメンテナンスセット
がありますのでそれらを使っていただくことがお勧めです。
(オスモのカタログより一部抜粋)

2、ご使用にあたって
1、キャスターの直接使用は避けて下さい。
椅子等ご使用の場合は、
傷を防ぐためマットを敷いていただきご使用下さい。

2、日光にあたる時間が多いところは、
自然木なので
日焼けにより
色ムラや割れを避けるため、
カーテンやブラインドで
直射日光を避けるようにして下さい。


3、電気カーペット、ストーブ
の使用は避けて下さい。
同じ場所で長時間ご使用になられますと、
熱がたまり高温になり
反りや縮みの原因になります。

4、本棚やピアノの重量家具の脚には、
力を分散させるよう
パッドを敷いてご使用下さい。

5、カーペットを敷く場合は、
通気性の良い素材をお選び下さい。
厚手で
裏面にビニールコーティングを
していないものをご使用下さい。

3、オスモメンテナンス商品
1、ウォッシュ&ケアー
自然の植物油からできた、肌と環境にやさしい
オスモ専用の洗浄液
で掃除とメンテナンス
を一度に行うことが出来ます。

キャップ1杯(約10cc)程度を水1リッターで薄めて使用し、固
く絞った雑巾やモップで拭くだけです。
サイズ:1L/5L

2、ワックスクリーナー
自然のワックスがベースに作られています。
頑固な汚れも落とせ
艶、撥水効果が
よみがえります。

1m2に小さじ2杯程度を乾いた雑巾で薄く塗り広げて下さい。
サイズ:1L/10L



3、フロアクリアー(ツヤ消し)#3262
自然の植物油、植物性ワックス
から作られた
仕上げ用塗料で、撥水性
にすぐれ、汚れを防止します。

※ 東急ハンズで販売しているところもあります。
サイズ :1L/2.5L (#3032)
使用量目安 :12m2/L (2回塗り) ※ 原液使用
フロアクリアーラピッドは4?5時間で乾燥、
1日で2回塗りが可能です。

4、水などをこぼした場合
1、速やかに、乾いた布で拭いて下さい。
そのままにしておくと、

膨張・白濁・表面塗装割れがあります。

冷えたカン等を直接置くと白濁
致しますので、ご注意下さい。

拭いた後はそのままで、
自然乾燥をし、
膨れなどが生じた場合も、
乾燥機(ドライヤー等)と
使わないで下さい。

2、浴室、洗面、キッチン等
の水が頻繁にかかる場所は、
マットを敷いて
水濡れにご注意下さい。
濡れたマットはそのまま
放置しないようにお願いします。





5、キズ、補修
1、オスモ仕上げの場合、傷等
が付いて
補修する場合は
軽くサンダーを掛けた後に
再度オスモ(クリアーラピッド(艶消し))を
ご使用下さい。

2、傷等が付いて補修する場合は、
表面のゴミを取り除き、
ホームセンターなどで市販されている、
フロアークレヨン(補修用)にて、
色合いを合わせていただき
仕様書に沿って補修をして下さい。

6、表面のワックスがけについて
1、ワックスを使用されたい場合、「ワックスクリーナー」で、お手入れをして下さい。
2、ワックス機械等による塗布・剥離はご使用にならないで下さい。
3、ウレタン樹脂系のワックスはご使用になれませんので、ご注意下さい。

PDFダウンロード
▲TOP
ウッドケアフローリングのお手入れ
ウッドケア仕上げ、フローリングのお手入れ

【1】日頃のお手入れ
1、フローリングは
水気に弱いため
乾いたモップ(または乾いた雑巾)で
乾拭きをして下さい。

2、乾拭きをしても落ちない汚れは
雑巾を濡らし固く絞ってから拭き、
再度乾拭きをして下さい。

3、市販のワックス類は絶対に使用しないでください。
下記、メンテナンスセット
がありますのでそれらを使っていただくことがお勧めです。

4、メンテナンスオイル
を混ぜた溶液で床を清掃。
8時間以上おいて床を乾燥した後、
メンテナンスペーストを塗布。

【2】ご使用にあたって
1、キャスターの直接使用は避けて下さい。
椅子等ご使用の場合は、傷を防ぐためマットを
敷いてご使用下さい。

2、日光にあたる時間が多いところは、
自然木なので
日焼けにより色ムラや割れを避けるため、
カーテンやブラインドで
直射日光を避けるようにして下さい。

3、電気カーペット、ストーブ
の使用は避けて下さい。
同じ場所で長時間ご使用になられますと、
熱がたまり高温になり
反りや縮みの原因になります。

4、本棚やピアノの重量家具の脚には、
力を分散させるよう
パッドを敷いてご使用下さい。

5、カーペットを敷く場合は、
通気性の良い素材をお選び下さい。
厚手で裏面に
ビニールコーティングを
していないものをご使用下さい。

【3】ウッドケアメンテナンス商品
1、メンテナンスオイル
ウッドケアで仕上げた
木製品表面の
メンテナンス用オイルで、
マスターオイルの
仕上がりを損なうことなく
補修が可能。
サイズ :1L/2L/5L
使用量目安 :30?40?/L 原液使用

2、メンテナンスペースト
サイズ :0.4L
使用量目安 :60?80?/チューブ 原液使用

3、ウッドクリーナー
オイル塗布前
などあらゆる木製品に係わる洗浄剤
として多目的に使用可能。

150mLのウッドクリーナーを
5Lのぬるま湯で希釈する。

サイズ :2.5L
使用量目安 :200?/L
希釈率 :1:30?40


4、ナチュラルソープ
日常汚れを洗浄するとともに、
天然石鹸成分による
防汚効果が得られる
木専用の洗剤で、
マスターオイルの仕上がりを損なうことなく
補修が可能。

サイズ :2.5L
使用量目安 :320?400?/? 希釈率 1:40

125mLのナチュラルソープを
5Lのぬるま湯で希釈します。

常に二つのバケツ
を用いて作業されるのをし、
ひとつは洗浄液用で、
もう一つはすすぎ水清水用です。

最少量の水で床を洗浄し、
汚れを分解させる為、
一時的に洗浄液を床にとどめた後、
固く絞ったモップか布で汚水を取り除き、
清水の入ったバケツですすぎます。

【4】水などをこぼした場合
1、速やかに、乾いた布で拭いて下さい。
そのままにしておくと、膨張・白

濁・表面塗装割れがあります。

特に冷えたカン等を直接置くと
白濁致しますので、ご注意下さい。

拭いた後はそのままで、
自然乾燥をし、
膨れなどが生じた場合も、
乾燥機(ドライヤー等)を使わないで下さい。
2、浴室、洗面、キッチン等
の水が頻繁にかかる場所は、
マットを敷いて水濡れにご注意下さい。

濡れたマットはそのまま
放置しないようにお願いします。

3、床の上に直接布団を敷いて
就寝される場合、
床に湿気が溜まりますので
布団の上げ下げをして下さい。

【5】キズ、補修
1、傷等が付いて
補修する場合は軽くサンダーを掛けた後に
再度メンテナンスオイルを塗って下い。

2、傷等が付いて補修する場合は、
表面のゴミを取り除き、
ホームセンターなどで市販されてフロアークレヨン(補修用)にて、
色合いを合わせていただき
仕様書に沿って補修をして下さい。

3、自然の風合いを大切に
致しておりますので節等ございます。
大変デリケートなフローリングですので、
ご使用の際には大切にお取り扱い下さい。
また養生テープ・家具等には
十分な注意お願いいたします。


【6】床暖仕様のフローリングについて
1、表面温度は27℃以下に設定してご使用下さい。
尚、同じ場所で長時間接すると、
低温ヤケドになる可能性がありますので、
ご注意下さい。

2、絨毯を敷かれる場合は、
通気性の良い素材にし、
裏面にビニール等でコーティング
されているタイプですと、
フローリングと絨毯の間で湿気が溜まり、

反りや縮みの原因になります。

注意)弊社商品の床暖房対応は、保障を約束するものではありません。


7、施工後すぐのお手入が必要な場合。

1、ウッドクリーナーで洗浄後、メンテナンスオイルを塗布して下さい。

施工後のそのまま状態 ウッドクリーナーとオイルで塗布後

PDFダウンロード
▲TOP