無料サンプル請求
かんたんお問合せ お電話によるお問合せは0120-246-440 月-金9:00-17:30
LINEお問合せ

UVウレタン塗装の無垢フローリングに傷がついた!!市販の商品で補修してみよう!

2021年2月12日

みなさま、こんにちは!
今回のブログは大津が担当いたします。

UVウレタン塗装の無垢フローリングについたへこみ傷を、ホームセンターで購入することが出来る商品で補修をする手順をご紹介したいと思います。

弊社カタログに傷をつけてしまった場合「軽微な傷は家庭でも目立ちにくくすることができます。表面のゴミを取り除き、市販されているパテやフロアークレヨン(補修用)にて色みを合わせ、各商品の説明書に沿って補修をしてください。」と記載しております。

市販されている補修商品で、どのくらいの仕上がり具合になるのか挑戦してみます!

「無垢フローリングの傷が気になっている」
「自分で補修したらどんな感じに仕上がるのか気になる」という方に、
是非見ていただきたい内容となっておりますので最後までお付き合いください!

 

1.傷の補修に必要なもの

・今回使用したもの
写真左上から ①ドライヤー ②かくれん棒 ③住まいのマニキュア ④マスキングテープ ⑤ティッシュ(乾いた雑巾等)

2.オーク、アカシア、バーチのへこみ傷を補修

「堅さ」や「色」が異なる4種類を準備し、意図的にへこみ傷をつけました。

アカシア(VA90-87)
UVウレタンアンバー
アカシア(VA90-00)
UVウレタンクリア

 

オーク(VO90-00)
UVウレタンクリア
バーチ(VB90ML-00)
UVウレタンクリア

3.かくれん棒で補修

①フローリングの色に近いかくれん棒を準備します。
単色で色が合わない場合は、2色を準備しておきます。
今回の4種は、それぞれ下記の色を使用しました。

②へこみ傷部分にかくれん棒を当て、更にドライヤーの熱で溶かしていきます。
へこんでいる部分に押し込むようにしました。

③余分な部分を同梱されているプラスチックヘラで取り除きます。
この時もずっと、ドライヤーを当てたほうが削りやすかったです。

④かくれん棒が傷のまわりについた場合は、ドライヤーを当てながら布等で拭き取ってください。
※傷部は拭き取らないように気をつけてください。

これぐらいの仕上がり具合で、まずはいかがでしょうか?
補修した箇所は見る角度によって、テカリがあります。

アカシア(VA90-87)
UVウレタンアンバー
アカシア(VA90-00)
UVウレタンクリア

 

オーク(VO90L-00)
UVウレタンクリア
バーチ(VB90ML-00)
UVウレタンクリア

これで完成!と思ったのですが・・・
バーチを補修した周りの色が変。かくれん棒が拭き取りきれていない。。(白枠部)

マスキングテープをせずに補修してので、かくれん棒が広がった部分がテカテカしています。。もう一度、横にへこみ傷をつけて、再度、マスキングテープを貼って上記②~④にて補修しました。

やっぱりマスキングテープを使用して補修したほうが綺麗です!

 

4.住まいのマニキュアでスリ傷を補修

小さいスリ傷が入って気になることありますよね。
そんな場合「住まいのマニキュア」を使用して補修してみます。

①小さい傷を補修するには住まいのマニキュアを使用してみます。

②細く小さく描きます。

③太く書いたりした場合、乾く前にティッシュなどで拭き取ってください。

④先程の傷がこの角度だと全く目立たず自然な感じに仕上がります。

⑤角度を変えて傷を探しました。
この程度なら、日常使っていると気にならない程度かと思います。

5.まとめ

どうしても気になるへこみ傷に関しては、試してみるのはアリかも…と思いました。

作業自体は意外と簡単で、かくれん棒だけの使用の場合でも、それなりに上手く仕上がります。
コスト的にも安く済みます。但し、補修箇所とその周りの艶感が少しでも違うのはイヤ…って方にはオススメはいたしません。

より綺麗に補修したい方は専門のリペア業者様に補修していただいた方が良いと思います。
但し、専門のリペア業者様に補修を依頼した際の費用は数万円程かかってしまいます。

敢えて傷をそのままにしておき味わいの1つとして感じていただくのも選択肢の1つではないでしょうか?
無垢フローリングの傷は、月日が経てば絶妙な味わいに変わります。
そして、家族との思い出にもなります。
使い込まれた革ジャンや革製バックが魅力的に感じるように、無垢フローリングも経年変化により本物の質感を楽しむ事が出来ます。

どうしてもへこみ傷が気になるのであれば、私がしたように手軽にご自身の手で補修してみてはいかがでしょう。
他の人には気づかれずに、家族にだけわかる思い出として味わい深く残すことができるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリ

お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら お電話によるお問い合わせは0120-246-440 受付時間:月-金9:00-17:30