無料サンプル請求
かんたんお問合せ お電話によるお問合せは0120-246-440 月-金9:00-17:30
LINEお問合せ

お手入れが楽な無垢フローリングとは

2020年8月28日

みなさま、こんにちは!

今回のブログは大津が担当いたします。

まだまだ厳しい暑さが続いている今日この頃…私事ではございますが、我が家のリビングのエアコンが7月末に壊れてしまい、暑くて暑くて…ホント大変な目に遭ってしまいました。お盆前には新しいエアコンが導入でき、快適な生活が戻ってまいりました。
思えば、フィルター掃除をこまめに行なっていなかったからなのか…、なかなか、お手入れって面倒なんですよねぇ。

さて、今回のブログの内容は、ズバリ『お手入れが楽な無垢フローリング』についてご紹介したいと思います。

1.お手入れが面倒だという理由で無垢フローリングを諦めてませんか?
2.お手入れが面倒だという方にオススメの無垢フローリング
3.まとめ

1.お手入れが面倒だという理由で無垢フローリングを諦めてませんか?

ご自宅の新築やリフォームをご検討されているお施主様に対して、
「あなたのお住まい、無垢フローリングにしたいですか?」というアンケートを取ってみると、
なんと半数以上の方が「無垢フローリングにはしない」と…。

その主だった理由は以下の通りです。
 

  • 質感は素敵だと思うが、メンテナンスが大変そう傷つきやすそうなので、したくないです
  • ・無垢と聞くといいなとは思うけれど、日々のお手入れとか、水などをこぼした時の注意点が多くて、大変そうだから
  • 憧れますが、お手入れ値段を考えるとちょっと難しいと思います
  • 見た目はいいけれども汚れやすいし、キズがつきやすく補修も難しいから
  • ・無垢フローリングは高そう手入れが大変そうなイメージがあるので

キーワードを色付けしてみましたが、青文字のように好意的な印象を持っているにもかかわらず、赤文字のような不安要素により、無垢フローリングを採用しないという結果にいたってしまっているお施主様が比較的多いということがわかりました。

①価格の問題

ご予算のご都合についてはどうしようもない部分かもしれませんが、少し背伸びすれば手が届く無垢フローリングもございます。
また、ご家族みんなが集まるリビング等、例えば1階部分だけ無垢フローリングにすることによりご予算を抑えるという手段もございますので、施工会社様とご相談される事をオススメいたします。

②傷がつきやすいという問題

無垢フローリングの材種は、やわらかい素材からかたい素材まで、様々な種類がございます。
無垢フローリングの表面の塗装仕上げにより、傷がつきにくくすることも可能です。
例えば、木質系のフローリングの場合、合板フローリングでも無垢フローリングでも、多かれ少なかれ、必ず傷は付いてしまいます。合板フローリングの場合、傷が付くことが原因で表面の化粧板が剥がれたり、下地材(合板部分)が見えてしまうことがあります。それは味わいではなく劣化となってしまいます。
一方、無垢フローリングの場合、傷が付いてもへこんだとしても「下地」が見えることがないため、味わいとして楽しむことができます。

無垢フローリングにするメリット&デメリット

③お手入れやメンテナンスの問題

無垢フローリングには、無塗装・オイル塗装・ウレタン塗装等、仕上げによる違いがございます。
無垢フローリングの表面仕上げにより、お手入れの仕方やメンテナンスについても異なります。

詳しくは↓
無垢フローリングのメンテナンス方法教えます。

無垢フローリングは「素敵」「いいね」。でも、「お手入れがなぁ…」と考えている貴方。
ご安心ください。お手入れが楽な無垢フローリングもございますよ。

2.お手入れが面倒だという方にオススメの無垢フローリング

ズバリ、UVウレタン塗装仕上げの無垢フローリングです。

UVウレタン塗装仕上げとは、無垢フローリングの表面をウレタン塗料でコーティングしている仕上げになります。塗膜がしっかりと木材を保護しているため、キズが付きにくく特別なメンテナンスも不必要です。

とは言え、何もしなくていい訳ではございません。

UVウレタン塗装の無垢フローリングのメンテナンス方法

  1. ①掃除機による掃除をしてください。
  2. ②乾いた雑巾で拭くだけです。
  3. ③汚れが気になる場合は、よく絞った雑巾で拭くだけで大丈夫です。
  4. ④水をこぼした場合は、速やかに乾いた布で拭き取り、自然乾燥させてください。
  5. ⑤ワックスは必要ございません。

つまり、何か特別な事は、必要ございません。日常のお掃除がメンテナンスとなります。
お手入れ簡単だと思いませんか?

無垢フローリングのお掃除方法

※注意点

UVウレタン塗装仕上げの無垢フローリングは、表面をコーティングしているため、水は弾きます。
ただ、1本1本を繋いで施工するため、目地に水が入ると下地まで浸透してしまいます。カビの発生の原因や異常伸縮の原因となるため、水分は大敵となります。「水をこぼした場合は、速やかに乾いた布で拭き取り、自然乾燥させてください」としているのはそのためです。

よく「スチームモップを使ってもいいですか?」とご質問頂くのですが、答えは「NO」です。
部分的な高温と水分のダブルパンチになるため、無垢フローリングは悲鳴をあげてしまいます。

3.まとめ

e-KENZAIの無垢フローリングは、色ムラ有・節有・艶消し塗装の商品が中心です。
そのため、意匠性が高く、手が届きそうな価格でのご提供を可能としております。
今回ご紹介したUVウレタン塗装の無垢フローリングは、お手入れ簡単(メンテナンスフリー)・傷がつきにくい商品となります。
無塗装やオイル塗装と比べると、自然な手触りではございませんが、無垢フローリングの踏み心地はしっかりと味わうことができます。

いかがでしょうか?
選択肢として「アリ」ではないでしょうか?

お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら お電話によるお問い合わせは0120-246-440 受付時間:月-金9:00-17:30