無料サンプル請求
LINEお問合せ

無垢フローリングは暖かい!?一年中はだしで過ごすくらしの魅力

2022-05-24

無垢フローリングは暖かい!一年中はだしで過ごすくらしの魅力

「無垢フローリングは暖かい」「床暖が必要ない」と聞いたことがある方もいるでしょう。

無垢フローリングは、梅雨の時期もサラッとした肌触り、夏場も程よい気持ちの良さ、真冬でさえ底冷えすることなく、一年を通してとても快適な暮らしができます。

実際にわが家も無垢フローリングを採用して5年ほど経ちます。特に子供は一年中はだしで過ごしていますし、私自身もフローリングの上でゴロゴロするのが大好きです。

この記事では、無垢フローリングの上ではだしで過ごす魅力について解説していきます。

 

なぜ、無垢フローリングは暖かいの?

無垢フローリングを体感したことはありますか?

肌触りが柔らかく、暖かいぬくもりを感じる人が多いと思います。無垢材は、本物の木そのもの。樹種にもよりますが、一般的に柔らかい木ほど暖かく感じ、硬い木ほど冷たく感じることが多いと言われています。

ではなぜ、無垢フローリングが暖かく感じるのか、詳しく見てみましょう。

無垢材は熱伝導率が低いため熱が伝わりにくい

無垢フローリングが暖かく感じる理由の一つに、「無垢材は熱伝導率が極端に低い」ことがあげられます。

熱伝導率とは、熱が温度の高い部分から低い部分へと移動する、熱移動のしやすさを表したものです。例えば、鉄やコンクリートに触るとひんやりとした冷たさを感じるのは、物質に触れた場所から手のひらの熱が急速に逃げていくためなのですよ。

一方木材は、フライパンの取っ手に使われることもあるなど、鉄やコンクリートに比べて熱伝導率が低いため、熱が伝わりにくいのです。

無垢材は空気を含んでいるから断熱効果がある

無垢材は、木の繊維層の中に空気を多く含んでいることから、断熱効果が高いと考えられています。無垢フローリングに触れても、体温が奪われにくく、ぬくもりさえ感じることがあるのはそのためです。

さらに、高断熱の無垢材は、夏は涼しく冬は暖かくなることから、冷暖房効率が上がり、光熱費の削減にもなるなど、良い事ばかり。樹種によっても異なりますが、広葉樹であるウォールナットやオークは空気をあまり含まず冷たい印象があり、針葉樹であるヒノキやスギのほうが暖かい印象があります。

冷たい印象といっても、冬にはだしでも過ごせるのは、無垢フローリングならではの良いところですね。

一年中はだしで過ごす魅力・メリット

無垢フローリングなら、一年中はだしで過ごすことも可能です。

ただいま!と同時に、靴と靴下を脱ぐわが子。家=はだし、が当たり前になっているようですね。

はだしで過ごすと聞くだけで、体に良さそう!と思う方も多いかと思いますが、実際に無垢フローリングの上ではだし暮らしにはたくさんのメリットがありますよ!

とにかく気持ちいい!不快感ゼロ!

合板フローリングやビニールマットの上をはだしで歩くと、季節によってべとべとと貼りつくような不快感を感じたことがある人も多いと思います。

無垢フローリングなら、一年を通して不快感はなく、サラサラとした肌触りがとても快適です。

木材の持つ調湿作用によって、適度に水分を吸収・放出されるため、梅雨の時期や夏のべたつきもなく、また断熱効果によって冬の底冷えもありません。

調湿作用とは、木材自身が湿度をコントロールする作用のことを言います。周囲の湿度が高い時には空気中の水分を吸収し、空気が乾燥して湿度が低い時には自らの水分を放出します。

無垢材を使用することで、人が快適に過ごせると言われる湿度60%前後に常に保たれるメリットもあります。

サラッとした肌触りから、快適な湿度にまで整えてくれる無垢フローリングは、かなり優秀ですよね!

足裏が刺激される

保育園や幼稚園などでも、はだし保育を採用しているなど、特に幼少期にはだしで育てたいと考えるご家庭も多いようです。

はだしは、子どもだけでなく大人にもたくさんの良いことがありますよ。

はだしで歩くと5本の指を含む足裏全体が刺激され、下のようなメリットがあります。

  • 足裏の筋肉が強くなる
  • 触覚の成長が促される
  • 土踏まずが形成される
  • バランス能力と運動能力が高まる
  • 体内にたまった静電気を足から放電できる
  • 内臓器官まで活性化して、体全体の調子が良くなる
  • 足裏からの刺激が大脳を刺激して五感の発達にも影響する

足裏は第二の心臓とも呼ばれ、ツボが多いなど、体全体に作用する大事な場所。

はだしで過ごすことによって、運動能力が高まり、体の調子が良くなり、五感の発達にも影響するなどとメリットが多いのですね。

リラックス効果もあり

靴と靴下を脱いで、はだしになったときの解放感は、誰しもがホッとするもの。

さらにはだしで歩くことによって、足裏のツボや副交感神経が刺激されます。

リラックス効果が得られたり、ストレス解消になることから、情緒の安定にも繋がると言われています。

無垢フローリングなら、木目の優しい見た目や、いつまでも続く木の香りにも癒され、リラックス効果も倍増されるでしょう。

はだしで過ごす注意点・デメリット

はだしで過ごすことの注意点としては、ただ1つ。ケガに気をつけることです。

はだしで尖ったものを踏んでしまったときは、直接肌に突き刺さり、とても痛いですよね。

危険なものは床に置かないなど、気をつける必要があります。

まとめ:無垢フローリングで一年中はだしで健康に過ごそう

無垢フローリングとはだしの組み合わせは、心身の健康のためにも最高と言うことがわかりました。

毎日暮らす家のフローリングが無垢フローリングだったら、家に帰るのが今よりもっと楽しみになるかもしれません。

無垢材は実際に触れて確かめてみることが大切です。

ぜひ木のぬくもりを体感してみて下さいね。

 


カテゴリ

お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら お電話によるお問い合わせは0120-246-440 受付時間:月-金9:00-17:30