大人気!アカシアフローリングの製造工程を大公開!

2018年11月26日

皆様、無垢フローリングがどのようにして製造されているかご存知でしょうか?
今回は当社人気No.1商品のアカシアフローリングの製造工程を一からご紹介します!

 

1.人工乾燥
2.UNI加工
3. 実加工
4.補修
5.サンディング加工
6. UVウレタン塗装
7.検品・梱包
8.商品出荷
9.まとめ

1.人工乾燥

 

まずUNIフローリングを形成するための小さな木片を製材し、人工乾燥機にかけます。

人工乾燥では木材の水分を蒸発させ、含水率を8~12%まで落とします。

 

含水率とは?

物質に含まれる水分の割合をしめしたものです。

森林から伐採されたばかりで乾燥していない木材のことを「生材(なまざい)」と言い、生材の含水率は100%を超えることも珍しくありません。
水分を多く含んだ木材は、イカがスルメになるのと同様に乾燥時に収縮し、変形します。

その収縮が施工時に起こらないようにするため、十分低い含水率になるまで乾燥させておく必要があるのです。

フローリングなどの内装材の標準含水率は10~15%です。

2.UNI加工

小さな木片をつなぎ合わせて1枚のフローリングを形成します。

上図のように乾燥を終えた木片の端部にギザギザの溝を機械で入れ、そこに接着剤を塗りはめ込むよう圧着してつなぎ合わせます。

 

 

 

圧着後の材料は下の写真のような見た目になります。

違う木目が継がれているのが分かりますよね。これがUNIフローリングと呼ばれるものです。

 

 

3.実加工

 

 

フローリングを施工する際に必要な凹凸部分「実(さね)」を加工します。

2方向ずつに雄実(おすざね)凸、雌実(めすざね)凹を入れます。

4.補修

 

死節に穴があいてしまっている部分を補修していきます。

木の粉と樹脂や接着剤を混ぜたものを詰め込み穴をふさぎます。そのときに周りの節と色を合わせ、なるべく自然になるように仕上げていきます。

 

死節とは?

枯れた枝からできた節で、周囲の組織と繋がっていないまま幹の中に残っている状態のことです。ぽろっと抜け落ちて穴が開いてしまう場合があり、それを抜け節とも言います。

その穴に樹脂を詰めることを「パテ埋め処理」、木片や枝を詰めることを「埋め木処理」または「埋め節」と言います。

死節に対し、生きた枝からできた節で幹の組織と結合している抜け落ちたりしない健全な節を「生節(いきぶし)」と言います。

5.サンディング加工

 

サンディングとは、表面をサンドペーパーで研磨して滑らかにする作業のことです。

この加工により切削後の刃物の跡を綺麗に削り取ります。

荒く削れば木の質感をより感じることができ、反対にきめ細かく削ればサラッとしたなめらかな手触りに仕上がります。

6.UVウレタン塗装

 

ローラーでウレタン塗装を施した後、UV(紫外線)を照射します。

そうすることによって塗膜が即座に硬化し長時間乾燥させる手間が省け、すぐに梱包することが可能なのです。

 

↓詳しくはこちらをお読みください!
前回ブログ「フローリングの仕上げについて。メリット・デメリットをご紹介」

7.検品・梱包

 

 

塗装ラインからあがってきた商品を人の目で検品します。

塗装のむらや未補修の部分がないかを隈なく確認した後、箱詰めします。

8.商品出荷

 

パレットと呼ばれる木の枠組みの上にフローリングを積み置き、コンテナに詰め込みトラックで工場から港へ出荷します。

その後コンテナ船で日本の港へ輸送され、税関を通り弊社の倉庫に納品されます。

弊社でいうロットは1コンテナあたりです。1回コンテナ船で輸入してきた数量ごとに管理しています。

 

ロットとは?

同じ製造ラインや原材料で作られる製品単位のことを「ロット」と言い、その単位で在庫を管理することを「ロット管理」と言います。製造時期が異なる商品は、塗装の仕上がりや含水率などの細部が異なる場合が少なからずあります。それが施工時のトラブルにもなり得るため、弊社ではできるだけ同ロットの商品や同時期に製造した商品を納品させていただくように努めております。

まとめ

このように様々な工程を経て無垢フローリングは出来上がり、皆様の足元へたどり着きます。
機械と人間の手によって丁寧に作られております。

普段なかなか気軽にできない工場見学ですが、このブログを読んでいただき安心してご注文いただければ幸いです。
 
アカシアフローリングはこちらから!

お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら お電話によるお問い合わせは0120-246-440 受付時間:月-金9:00-17:30